WTCCとは

世界ツーリングカー選手権(World Touring Car Championship)は、国際自動車連盟(FIA)が管轄するF1、 WRC、WECと並ぶ世界選手権のひとつです。エンジンは1.6リットル直噴ターボ+6速シーケンシャルミッションで、4ドア、2輪駆動の量産車をベースにしたマシンで争われます。2014年より車両規定が大きく変わり、大型のリアウイングや幅広のタイヤが使用可能となり、パワーアップしたエンジンと合わせ、より高速でエキサイティングなレースが期待されています。

2016年、シトロエン・レーシングは世界ツーリングカー選手権(WTCC)に2台のシトロエン C-Elysée WTCCを全戦に投入します。ホセ・マリア・ロペス、イヴァン・ミューラーの2名が、シトロエンの勝利を目指して挑みます。

プログラム

WTCCは金曜日の午後1時半からはじまる、30分間のフリープラクティスを皮切りにスタート。翌日の土曜日に予選が行われ、本戦は日曜日に2レース、それぞれ約60kmのスプリントレースが行われます。

予選について

予選は2回のプラクティスセッションの後、午後3時からはじまります。
1回目のプラクティスセッションは午前9時から、2回目のプラクティスセッションは午前11時15分からはじまります。このプラクティスセッションで各ワークスチームは最終調整を行います。

午後3時から、いよいよ予選がスタート。予選はF1のように、Q1、Q2、Q3と3段階に分かれて行われます。Q1は20分間のレースとなり、ベスト12に入ったドライバーがQ2に進むことが出来ます。Q2は10分間のレースでベスト5に入ったドライバーがQ3に進みます。予選の最終となるQ3は1ラップのみのレースでベストタイムを競います。ベスト5に残ったドライバーは順位に応じてそれぞれ5,4,3,2,1ポイントを獲得できます。なお、この予選の順位により本戦(第1レース)のスターティンググリッドが決定されます。

本戦について

本戦は2レース行われます。第1レースは午後4時20分からスタート、14ラップで競います。第1レース終了から15分後に第2レースがはじまります。このわずか15分間にエンジニアは第1レースで傷ついたワークスマシンを素早くベストな状態に仕上げます。第2レースは17時25分からリバースグリッド方式(上位10位は逆順)でスタート。最終的にトップ10に入賞したドライバーが順位に応じたポイントを獲得することが出来ます。

Copyright© PEUGEOT CITROËN JAPON CO.,LTD. All rights reserved.