安全性能

さまざまなリスクをクルマが検知・対応する、最新テクノロジーを搭載。

6エアバッグや衝撃吸収ボディをはじめとするパッシブセーフティ、ABSやESCなどによるアクティブセーフティに磨きをかけるとともに、最先端のセーフティテクノロジーを積極的に開発・搭載しています。たとえば、前方車両との距離を適切に保つアクティブクルーズコントロール※1、車線の逸脱を検知するとシートベルトの振動で警告を発するレーンデパーチャーウォーニング※1
これら最新のシステムが、小さなリスクの芽を見逃さずに、常に安全なドライブを続けられるように、ドライバーをサポートします。

アクティブクルーズコントロール※1

フロントバンパーのレーダーが前方車両のスピードを検知。速度に応じて自車の速度をコントロールし、車間距離を一定に保ちます。このシステムはアクセル、エンジンブレーキ、シフトチェンジで制御され、設定速度に対して大幅な減速を要する場合には解除されます。

  • このシステムは、自動停止はしません。

ディスタンスアラート※1

走行時に、フロントレーダーにより、前方車両との距離を検知。接近しすぎている場合にはリスクに応じて、視覚、音声、、シートベルトのテンションという3つの警告レベルで、ドライバーに注意を促します。

レーンデパーチャーウォーニング※1

走行中に道路上の車線を感知し、ウィンカーを出さずにレーンを外れた場合、シートベルトの振動で、ドライバーへ注意を促します。

インテリジェントハイビーム※1

フロントウィンドウに設置された小型カメラで前方の状況を分析。対向車や前方車両を感知した場合は、ハイビームとロービームを自動で切りかえて、最適な前方視界を確保します。

ブラインドスポットモニター

ミラーなどでは確認しきれないボディ斜め後方のブラインドスポット(死角)に存在する後続車両を超音波センサーが感知。ドアミラー内にオレンジ色の警告灯を点灯させ、ドライバーに知らせます。

アクティブシートベルト※1

発進時、急ブレーキ、車線逸脱などの状況下で、瞬時にフロントシートベルトのテンションを最適な状態に調整します。

バイキセノンディレクショナルヘッドライト※1

照度に優れたバイキセノンライトを搭載。コーナリング時には照射角度を自動的に変えるディレクショナル機能により、夜間走行での安全性向上に貢献します。

  • ※1エクスクルーシブに標準装備
  • 各システムは、衝突や事故などを自動的に回避するものではありません。また、制動や作動にはさまざまな条件があります。詳しくは販売店にお問い合わせください。
  • 当サイトに掲載している写真は撮影条件により実物と印象が相違する場合があります。また、ボディカラー及び内装色も実車と違って見えることがあります。
  • 当サイトに掲載された写真は、一部欧州仕様のものも含まれます。
  • 版権は、仏オートモビル・シトロエン及びプジョー・シトロエン・ジャポン(株)に帰属しますので、無断掲載を禁じます。
  • ボディカラーによって納期が異なる場合があります。
  • 詳しくはシトロエン販売店にお問い合わせください。